Team-D's bicycle memo.

TTT。

11/30(日),AACA第18戦のチームタイムトライアル。
今シーズン最後のレースは,5km×3周の4名によるチームタイムトライアル。
いつも練習会でご一緒する気心の知れた方々なので,急造チームでもいいところにいけるはず...はず・・・。

6位/8チーム...ふぅ・・・。

11月も末なのにとても暖かく,ほぼ無風のTTには最高のコンディション。
ケツ持ちの方が若干頼りなく,スタートのタイミングが合わず,バランスを崩してまさかの足つき・・・。
すぐさま再スタートを切るも3人は遙か前方。
なんとか追いつき,ホームストレートは40km/h,バックストレートは45km/h巡航。
みんな順調に走れてるなぁと思って後方確認をすると,みなさん微妙に離れてる・・・。
ペースを若干落として走るも,気づくと3人に。

2周目後半には2名TT状態になってしまっていたのでさらにペースを落とすも,けっきょく合流できず。
スタート前に「練習レースなんで,ほんとは3人目の計測だけど,2名になっても順位は付けますよ」と言われていたので,残り1周は得意の2名TTでいこうとペースアップ。
最後の周回のみゴールは上るので,そこで相方と離れてしまいましたが,なんとかゴール。

正直なところ,トロバラを含めチームTTの走り方がわかりません。
ペースを落とせばメンバー揃って走れますが勝負にならず,ペ-スを上げればみんながばらばらになってこれまた勝負にならず。
チームTT,ほんと難しくて,奥が深いです。
でも,個人TTにはないおもしろさも。
来シーズンも試行錯誤しながら,上位を目指したいです。
aaca014.jpg
  1. 2014/11/30(日) 16:31:30|
  2. AACAな話。
  3. | コメント:0

スズカ8時間エンデューロ秋sp。

11/15(土),スズカ8時間エンデューロ秋spのトロッフェ・バラッキ。

記録:1時間39分59秒502(+16分19秒801)
順位:37位/102チーム

沖縄にやる気スイッチを忘れてきたようで,これが精一杯。
風が強くて,終始ふらふらでエアロポジションも取れず。

去年より順位は下がってますが,タイムはほんの少~しだけよくなっているので,来年に期待。
  1. 2014/11/15(土) 23:59:59|
  2. 鈴鹿な話。
  3. | コメント:0

おきなわ。

11/9(日),ツール・ド・おきなわ。
この1年,このために毎朝ふらふらになりながらトレーニングしてきたと言っても過言ではない特Aランクのレース。
金曜から沖縄入りしてましたが,緊張からか珍しく熟睡できず,当日を迎えます・・・。

5時すぎには宿を出発し,6時前には会場に到着しましたが,すでに選手が列を作っています。
前年度50位までの選手はシード権が与えられますが,ゼッケンナンバーを見ても,あまり関係なさそう。
なので,遠慮なくお仲間4名で陣取ります。
スタート位置が重要になってくるので,スタート地点に移動する際にするすると。
それでも前に50人はいそう。
前後左右斜めとびっしりと自転車に囲まれ,ハンドルやタイヤは軽く当たってる状態・・・。
去年の8月以来の15ヶ月ぶりのロードレース,スタート時の混乱がないよう祈るだけです。

7:09,定刻通りのスタート。
スタートして1.5kmほどはパレードランのはずですが,我先にと速い速い。
斜行当たり前の位置取り合戦。
公道の片側を使っているので,心配してたほどの混乱はありませんでしたが,ペースはどんどん上がっていきます。

パレードランはいつ終わるのかなぁと思っていたところで最初の上り。
若干ペースは落ち,前のほうへ移動。
ペースの遅さから,まだパレードランかぁと思っていたら海岸線に。
いつの間にかパレードランは終わってました・・・。

海岸線は斜め前からの風が強く,みなさんなかなかペースが上がらず。
あまりにも焦れったいペースだったので,右をぴゅーっと。
すぐに先頭でしたが,後ろに何人か引き連れてきた模様。
何度か逃げがありましたが,強風からかすぐに吸収。
先頭交代を繰り返しながら,途中900Rな方にご挨拶。

常に先頭付近にいましたが,ある程度は自分のペースで走ることができ,安全に走れるので精神的にも楽。
本部大橋に上る際,一人逃げがいましたが,すぐに追いつき,トップで本部大橋通過。
okinawa007.jpg
ここはポイントとなる場所なので,まずはよしと。

本部大橋を抜けると最初の山場の美ら海水族館の上り。
全体のペースから,上りは無理せず脚温存でいこうと思い,まわりのペースに合わせてのんびりと。
すると遅い女子選手をかわしきれずに突然こちら側に倒れてくる選手。
こんなところで終わりたくないので,咄嗟に左肩ではじき返すとなんとか相手もバランスが保てた様子。
よかったよかった。

美ら海水族館を過ぎてからは高速列車。
上りでマイペースすぎたので,するすると前に出ると一人逃げが発生している模様。
先頭付近では「誰?」「逃げられるかな?」「ま,すぐ落ちてくるんじゃない?」等々のんきな会話が繰り広げられてましたが,まったく追う気配はナシ。
今帰仁までは細かいアップダウンの繰り返し,しばらく様子を見ながら進行し,逃げを吸収。

2つ目の山場の今帰仁の上りで雨が降り出す。
右から何名か逃げ出す選手がおり,それにつられて他の選手がどんどんと前に出て行きますが,ここは2段坂のなので,マイペースで。
しかし,まわりを囲まれ,どうにも抜け出せず,どんどんとペースダウン。
下りが始まったときには先頭はずいぶんと先,かなり車列も縦に伸びてしまっていました・・・。
雨が降り出した下りなので滑るのが怖かったですが,そんなことも言ってられない状況。
幸い一直線なので,ガシガシと踏んでなんとか先頭に。
途中チーム員を見つけましたが,脚を揉みながら走っているので,どうしたのか聞くと「脚攣りました」と。
足が攣ったとはいえ先頭付近,他のお仲間も集団に紛れて走っているので,一安心。

先頭に出たところで,あと少しで58号突入。
ペースは落としたくなかったので,そのまま抜け出した格好のまま右折で58号。
すると前のほうに2名の逃げを発見。
そこまで速くもなく,ちょっとがんばれば追いつけそう。
残りも8kmくらい。
で,追走決定。

やはり2対1ではなかなか追いつかずに,最後の山場のイオン坂でしたが,必死に追いかけているので,それほど苦にならず。
あと少しで追いつきそうなところで,後ろから3人。
合流し,4人で追走し,結果6人で逃げを試みることに。
「後ろ100m離れてます!!」,「まだ大丈夫!!」等々最後尾の選手からは後続集団の位置の声かけがあり,安心して前を走れました。
しかし,体格のいい選手のひきが強く,2番手の選手が切れそうになるので,後ろに回るよう指示。
何度か先頭に出るも回してるのは3人くらい?
後ろを見るとあとの3人はいっぱいいっぱいのご様子。
残り3kmあたりで体格のいい選手からの「ゴール前300m,みんなでスプリントだぁ」の声でますますペースアップ。
確認はしてませんが,きっと後ろについてた3人はここで切れたかなと。

残り500mのカーブを過ぎ,ゴールアーチ発見。
後ろを見る余裕なんてまったくなく,ひたすらひたすらペダルを踏むのみ。
先頭に出て,あと400m。
「もしかして,もしかするカモ」と思った300mを切ったところで,右から選手が飛び出すのを見ましたが,追いかける力はすでに残っておらず,そのあとに数名抜かれたところで気持ちが切れました。
残り100mくらいはサイクリングペースで,ゴール・・・。

26位/314名

チップを返すために列に並んでいると,まったく知らない選手から「惜しかったよ,猛追する選手がいなかったら優勝だったね」と言われ,悔しさがこみ上げてきました。
10km近い逃げが正解だったのかはわかりませんが,スプリント力のない自分にとってはこの方法しかないかと。
ゴール前のカオス状態も避けられるし。
実際,今回もゴール前に大落車がありましたが,まったく知りませんでした。
もちろん来年も参戦しますが,独走力だけでなくスプリント力もトレメニューに入れなくては。

沖縄最終日に行った世界遺産の勝連城,ここから見る景色は絶景。
okinawa009.jpg

okinawa010.jpg
きっと表彰台から見る景色も絶景なんでしょう。

来年こそは,てっぺん!!
  1. 2014/11/09(日) 23:59:59|
  2. 沖縄な話。
  3. | コメント:0

Team-D's bicycle memo.

Team-DADDY member

Author:Team-DADDY member

schedule in...

- 2015 -
 1/17 COUPE DE AACA 第1戦
 2/14.15 COUPE DE AACA 第2戦
 3/29 菰野ヒルクライム
 4/12 伊吹山ドライブウェイヒルクライム
 4/26 ワーサイ&ベックオンカップ
 4/29 COUPE DE AACA 第4戦
 5/11 グランフォンド東濃 (裏方)
 5/23 京都美山サイクルロードレース
 6/14 Mt.富士ヒルクライム
 6/28 内灘サイクルロードレース
 7/11 COUPE DE AACA 第7戦
 8/ 2 グルっとまるごと栄村
 8/22,23 シマノ鈴鹿ロードレース
 8/30 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
 9/27 キング オブ ヒルクライム富士山
11/ 8  ツール・ド・おきなわ

- 2014 -
 1/18 第1回タイムトライアル選手権
 2/ 2  第2回タイムトライアル選手権
 3/ 8  第3回タイムトライアル選手権
 3/16 ええじゃないか豊橋サイクルフェス
 3/30 COUPE DE AACA 第6戦
 3/30 菰野ヒルクライム
 4/27 ワーサイ&ベックオンカップ
 5/11 グランフォンド東濃 (裏方)
 5/17 スズカ8時間エンデューロ春sp
 5/25 比叡山ヒルクライム
 6/ 1  Mt.富士ヒルクライム
 6/ 8  犬山クリテリウムロードレース大会
 6/15 Panaracer CUP 2014
 6/22 内灘サイクルロードレース
 7/12 AACA 個人タイムトライアル
 8/ 3  グルっとまるごと栄村
 8/16 AACA 個人タイムトライアル
 8/23,24 シマノ鈴鹿ロードレース
 9/ 7 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
 9/28 東近江クリテ
10/ 5  vittoria Criterium
10/26  サイクリングしまなみ
11/ 9  ツール・ド・おきなわ
11/15  スズカ8時間エンデューロ秋sp
11/30  AACA チームタイムトライアル

- 2013 -
 3/31 菰野ヒルクライム
 4/14 伊吹山ドライブウェイヒルクライム
 4/28 ワールドサイクルカップ
 5/12 グランフォンド東濃 (裏方)
 5/19 スズカ8時間エンデューロ春sp
 5/26 比叡山ヒルクライム
 6/ 2  Mt.富士ヒルクライム
 6/ 9  ヒルクライム・イン・おんたけ
 6/16 Panaracer CUP 2013
 6/23 内灘サイクルロードレース
 8/ 4  グルっとまるごと栄村
 8/24,25 シマノ鈴鹿ロードレース
 9/ 1 
全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
10/ 6  CATEYE Criterium 2013
11/ 4  スズカ8時間エンデューロ秋sp
11/30 ツール・ド・富士川
12/ 8  COUPE DE AACA 第4戦


- 2012 -
 4/ 1 モリコロパークサイクルロードレース
 4/15 伊吹山ヒルクライム
 4/29 ワールドサイクルカップクリテリウム
 5/13 グランフォンド東濃 (裏方)
 5/20 スズカ8時間エンデューロ春SP
 5/27 比叡山ヒルクライム
 6/ 3 Mt.富士ヒルクライム
 6/10 PanaracerCUPクレフィール湖東
 7/ 1 ツール・ド・美ヶ原
 8/ 5 グルッとまるごと栄村
 8/25,26 シマノ鈴鹿ロードレース
 8/26 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
 9/ 9 岡崎市サイクリング大会
 9/30 グランフォンド福井
10/ 8 モリコロパークサイクルフェスティバル
10/14 じゃんだら輪
10/21 しまなみ海道サイクリング尾道大会
11/17 スズカ8時間エンデューロ秋SP


- 2011 -
 4/10 リトルワールドサイクルミーティング
 5/ 8 グランフォンド東濃 (裏方)
 5/29 スズカ8時間エンデューロ春SP
 6/12 Mt.富士ヒルクライム
 7/ 3 ツール・ド・新城
 8/ 6 秋山郷サイクリング
 8/ 7 グルッとまるごと栄村 特別編
 8/21 ワールドサイクルクリテリウム2011
 8/27,28 シマノ鈴鹿ロードレース
 9/23 キャットアイクリテリウム2011
10/16 グランフォンド福井
10/23 淡路島サイクリング
11/ 6 スズカ8時間エンデューロ秋SP
11/26 ふじのくに CYCLE FES.2011
12/ 4 明日香ヒルクライム


- 2010 -
 4/11 パナヒルクラ in 伊吹山
 4/29 ガッツリチャレンジ150km
 5/ 2 2010春季Ritsクリテリウム
 5/ 5 スズカ8時間エンデューロ春SP
 5/23 チャリ耐in幸田サーキット 春
 6/13 グランフォンド福井2010
 7/ 4 ツール・ド・新城
 8/ 1 グルッとまるごと栄村
 8/28,29 シマノ鈴鹿ロードレース
 9/12 ツールド三河湖
 9/20 2010秋季Ritsクリテリウム
 9/26 グランフォンド八ヶ岳
10/10 グランフォンド東濃
10/17 チャリ耐in幸田サーキット 秋
10/24 スズカ8時間エンデューロ秋SP
11/20 セントレア8時間サイクルマラソン

log

comment

search