Team-D's bicycle memo.

8月。

8月の走行記録・・・1113.32km。

 ・ 内訳...ローラー : 525.52km (47%)

         ジテツー :  65.41km ( 6%)

         実 走   : 522.39km (47%)
  1. 2011/08/31(水) 23:59:59|
  2. 走行記録な話。
  3. | コメント:0

後遺症。

今年もシマノ鈴鹿では落車巻き込まれ・・・。
去年のように自転車・体に大ダメージは受けませんでしたので,なんとか2日間参加することができました。

でも,左側の肩・脇・太腿は擦過傷で,寝返りを打つと痛さで目が覚め,全身筋肉痛でローラーに乗る気力が出ませんでした・・・。

自転車のほうはというと,初日の落車ではほとんどダメージは受けず,2日目のヒット!!のほうがダメージが。
bicycle185.jpg

bicycle186.jpg
ペダルと思っていたら,チェーンステーあたりに突っ込まれたようで,チェーンステーとシートステーに傷があり,クイックは見事に曲がってました。

去年に引き続き,またまた長期入院を余儀なくされるのかなとショップに持っていったところ,とくに大きなダメージはないそうで,ホイールも「多少振れはあるだろうけど乗ってみてから」との診断。
チューブラータイヤは振れ取りをするのにタイヤにダメージを受けるので,乗って気になってからでも遅くないと。

で,クイックは単品では買えないこと,マビックのほうがカチッとはまるということで,使っていないR-SYSのクイックを使うことで解決。

ということで,切れたバーテープを新品に巻き直してもらうくらいで,日帰り入院ですみました。
長期入院なら来月のクリテはDNSも覚悟していただけに,一安心。
あとは練習あるのみ・・・。
  1. 2011/08/30(火) 00:00:21|
  2. 鈴鹿な話。
  3. | コメント:0

シマノ鈴鹿ロードレース その2。

8/27(土)・28(日),シマノ鈴鹿ロードレースに参加。

28(日)7:30のマスターズ40+。
このカテゴリーには身内が4名。
速い人ばかりなので,なんとかついていきたいと。

今回も「がんばっぺ~」という合図とともにスタート!!
2列目スタートで緊張しつつも,ペダルキャッチもきれいに決まり,先頭集団前方でシケインに。
さすがに昨日のインターミディエイトとはペースが違い,このままのペースでは足がもたないと判断。
まわりの様子を見ながら後方に。

みなさんそこそこ御行儀よく,西ストレートからスプーンも大きな集団のまま通過。
先頭を見ると身内がひっぱり,そのすぐ後ろにも身内。
で,後方からものすごい追い上げを見せる身内とDADDYがんばってます。

無茶に走る選手もおらずヘアピンカーブも通過し,デグナーも簡単な掛け声でみなさん集中。
他のDADDYな方々の位置を確認しながら,昨日の反省からカーブではなるべくアウト側に。
ダンロップカーブからS字,第1コーナーでも集団中程で足を温存しながら,様子見。

先頭を形成していた集団がホームストレートでペースダウン。
ペースダウンしてきた身内に声かけ,自分はペースを上げて前方に。
そして集団はシケインが始まるころからペースアップ。
ここでふるいにかけられてはまずいと思い,必死にこぎこぎ。
必死にこぎこぎしすぎて,西ストレートからスプーンで先頭付近に来てしまい,前には誰もいない状態。
そのままヘアピンカーブに突っ込み,デグナーすぎでまた集団中程に。

ダンロップカーブでイン側真横に身内1人,その前方にもう1人を確認。
このままなんとか身内でスプリント勝負ができないかと思った矢先,あと600mのところで左後方から突っ込まれ,ペダルにヒットしましたが,多少ふらついたくらいでそのまま走行。
しかし,それで集中力が途切れ,終~了~。
昨日の落車が頭の中を駆け巡り,ホームストレートで前方が開いていてもスプリントに入ることもできず,前方に離れていく身内を見ながら,流してゴール・・・。

ちなみに,突っ込んできた選手は反対側にはね返り,落車。
何台か巻き込んだようで,「グシャグシャ,パンパン」と聞きたくない音がしてました。

で,結果33位/138名。
もちろん結果には満足してませんが,まわりの様子を見ながら走れるようになったのは成長かなと。
まわりの様子を見ているだけなので,まだまだですが・・・。

教訓:まわりの様子を見つつも,その先では他の選手がどういった動きをしてくるか予測をして動かないとレースには勝てない。
他の選手が動いてからでは,後についていくだけでいっぱいいっぱいに。

公式リザルトによると,タイム16:32.05,トップとの差00:03.49,平均時速42.25km/hと。
コース2周限定ですが,2年前の自分では考えられない記録。
40を過ぎたおっさんにまだ伸び代があったことが素直にうれしいです。
でも,その4秒はとてつもなく高い壁。
練習あるのみ。

今回のコース。
shimanosuzuka023.jpg


それにしても,どうもシマノ鈴鹿とは相性が悪い。
「嵐を呼ぶ男」(店長談)との称号をいただきました・・・。
  1. 2011/08/28(日) 23:16:39|
  2. 鈴鹿な話。
  3. | コメント:4

シマノ鈴鹿ロードレース その1。

8/27(土)・28(日),シマノ鈴鹿ロードレースに参加。

まずは27(土)11:15のインターミディエイト。
「我こそは初級者を抜け出し,中級者だ!!」と自負する身の程知らずがエントリーするカテゴリー。
もちろん自分のことです・・・。

「がんばっぺ~」という合図とともにスタート!!
最前列なのでちょい緊張しながらも懸案事項のペダルキャッチもそこそこうまくいき,横目に集団を見ながらこぎこぎと。
ぢつはスタートからシケインまではアウト側が多少楽だったりするのですが,みなさんイン側に。
しかたがないのでシケイン前で集団に紛れ込み,「シケイン始まるよ~」「イン開けて~」「ラインキープ」等掛け声の中,淡々と進み,西ストレートに。
この時点では集団中程で足を使わず,楽~に。
スプーンカーブではずいぶんと減速を余儀なくされますが,ここで足を使ってはもったいないのでお付き合い。

ヘアピンカーブが始まる前には「ヘアピンだよ~」「ラインキープだよ~」等掛け声で,みなさんそこそこ御行儀よく通過し,カーブが終わるころには猛ダッシュでデグナーへ。
デグナーは予想以上に曲がっているので,ここで急減速したり外へ膨らんだりと見ててちょっと怖い。

先頭から10番手くらいに位置し,ダンロップカーブからS字カーブへ。
ここでは下り自慢ががんがんとラインを無視して抜いていきますが,その先の第1コーナーで落ちてくるだろうと,下りで足を使いたくないので,冷静にマイペースでこぎこぎと。
案の定,第1コーナーからホームストレートで落ちてきて,やっぱり10番手くらいの位置に。

2周目に入ったところで先頭集団ペースアップ。
とはいっても,それほどえらくはなく,練習会での岩村駅からおばあちゃん市の高速列車のほうが何倍もつらい位のペースで,集団の中でずいぶんと楽をさせてもらってます。
シケインをスローペース先頭集団で通過,西ストレートには行った途端,すぐ真後ろで大落車。
「パンパン」とパンクする音,「グシャ,グシャ」とホイールが曲がる音,「パン,パン」とたぶんカーボンフレームが破断する高い音等後ろを見たくない音・音・音・・・。
並走している自転車乗りと「怖~」「みんなでゴールしたいよね~」と会話をしながら,スプーンカーブ。

みなさんさっきの落車を気にしてか,ヘアピンカーブからデグナーまではあまり活性化せず,かなり全体のペースが落ちてきているので,我慢ができずダンロップカーブで先頭へ。
後ろから「逃げたー!!」と声がし,誰かついてこないかと後ろを見ても誰も来ず・・・。
このまま逃げ切れるわけでもないので,ちょっとだけペースを落とし,後方の待ち。
2人飛び出してきたようで,その後ろにつき,他の集団は右少し後方。
あと400mのところで「あとちょっといってスプリント勝負!!」と思った矢先,2番手がスプリント開始した途端,先頭の選手に追突し落車,すぐ後ろだったので逃げ切れるわけもなく,その落車の餌食に・・・。
今年は去年の落車とは違い,一部始終覚えており,外れていたチェーンをすぐにはめ,体もダメージがなさそうなのですぐに出発,なんとかゴール。

で,結果87位/204名。
落車してもこの順位って・・・。

それにしても落車を引き起こした選手は400mから逃げられると思ったのでしょうか。
逃げるにしても前走車のラインにまっすぐにいけば,突っ込むことがわかるだろうに・・・。

去年のビギナーはしかたないにしても,今回のインターミディエイトも本当に怖い。
隙間があればそこに行こうとふらふらしてるし,カーブではインに入ってくるし。
そのおかげで2回草むらを走らされました。
常に誰かが声掛けをし,あまりにもひどいとジャージに書いてあるネームや自転車のブランド名で名指し,でもいわれている選手はいっぱいいっぱいなのか,気が付かずと。

来年は御行儀がいいといわれるオープンかなぁ・・・。

教訓:イン側に位置しない。
なんだーかんだーいっても,2年連続落車ってことは自分の位置取りが悪いってこと。
もっともっと修行しないと...。

今回のコース。
shimanosuzuka022.jpg
  1. 2011/08/27(土) 23:59:59|
  2. 鈴鹿な話。
  3. | コメント:4

激撮。

worldcycle005.jpg

worldcycle006.jpg

worldcycle007.jpg
終始いっぱいいっぱい・・・。
  1. 2011/08/23(火) 23:13:35|
  2. ワーサイクリテな話。
  3. | コメント:0

ワールドサイクルクリテリウム2011。

8/21(日),ワールドサイクルクリテリウム2011に参加。

当日の天気予報はずっと雨。
worldcycle001.jpg
けっきょく,空に晴れ間が見えることはなく,大会終了まで雨は降ったりやんだりでした。

12:00すぎに会場の東近江市ふれあい運動公園に到着し,受付。
予定より20分遅れの13:20から試走開始。
幸いにも試走時は雨はやんでいましたが,前走車の泥はねがすごいので,マイペースで4周試走。
それでもやっぱり自転車も体もどろどろに・・・。

小雨降る中,出走サインをし,スタート地点に並びます。
カテゴリー3は70人募集のところ,28人がエントリーをし,25人が出走サイン。
3列目に位置し,前には10人程度。
全体的に人数的にとてもさみしく,他の選手はみんな速そう。
さすがカテゴリー3といったところで,自分の場違い感は否めません・・・。

で,予定より遅れること37分,ピストルの合図で16:17にスタート。
前走車に続いて勢いよくいきたかったところですが,見事ペダルキャッチに失敗。
雨でクリートとペダルが濡れていたのが原因かなかなかはまらず,後続にどんどん抜かされ,はまったころには後ろには1人しかおらず,前とは10mほど離れていると,ここで今日のレースは終~了~。

なんとかもがいて集団の最後尾につき,コーナーやヘアピンで集団中程までいきましたが,4周目をすぎたあたりからスタートの無理が祟って,どんどん後方に。
前の選手も少しずつ落ち,中切れを起こしたところで前の集団を追う足は残っておらず,とどめを刺されました。
で,残りの4周は忍耐の周回。
最終周回,ゴール手前でツキイチだった選手が前に出ましたが,追う元気もなく,力なくゴール。

結果,20位/25人(うち足切り3人)。
結果は結果として,実践だと練習会ではわからない課題がいろいろとわかり,やっぱりレースは最高の練習の場。
今週末のシマノ鈴鹿,来月のキャットアイクリテリウムとレースは続くので,それまで練習,練習。

それにしても,自転車も体もドロドロ。
ジャージは黒の水玉模様,素肌は泥水でどろどろ,自転車は「白かったっけ?」と思うほど砂利砂利。
レースは終わってからも,違った意味で大変です・・・。

今回のコース。
worldcycle002.jpg
  1. 2011/08/21(日) 23:59:59|
  2. ワーサイクリテな話。
  3. | コメント:0

避暑トレ 2。

8/18(木),家族旅行を兼ねた軽井沢での避暑トレ2日目。

宿泊しているホテル玄関から国道146までの距離が5.8kmと鈴鹿と同じくらいで,一本道で信号もなく,脇道がないので車等の飛び出しの心配もなく,斜度8%前後と適度にアップダウンもあってと,走りなさいと神のお告げ。

5:40,軽~く朝食をとり,出発。
雲は多いですが,雨が降る様子はなく,気温19℃と下りは少し肌寒いほど。
karuizawa015.jpg
前日の疲れが残っていたこともあって,7:00すぎには終えましたが,練習にはもってこいのコースでした。

今回のルート。
karuizawa017.jpg
  1. 2011/08/18(木) 23:59:59|
  2. 軽井沢な話。
  3. | コメント:0
次のページ

Team-D's bicycle memo.

Team-DADDY member

Author:Team-DADDY member

schedule in...

- 2015 -
 1/17 COUPE DE AACA 第1戦
 2/14.15 COUPE DE AACA 第2戦
 3/29 菰野ヒルクライム
 4/12 伊吹山ドライブウェイヒルクライム
 4/26 ワーサイ&ベックオンカップ
 4/29 COUPE DE AACA 第4戦
 5/11 グランフォンド東濃 (裏方)
 5/23 京都美山サイクルロードレース
 6/14 Mt.富士ヒルクライム
 6/28 内灘サイクルロードレース
 7/11 COUPE DE AACA 第7戦
 8/ 2 グルっとまるごと栄村
 8/22,23 シマノ鈴鹿ロードレース
 8/30 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
 9/27 キング オブ ヒルクライム富士山
11/ 8  ツール・ド・おきなわ

- 2014 -
 1/18 第1回タイムトライアル選手権
 2/ 2  第2回タイムトライアル選手権
 3/ 8  第3回タイムトライアル選手権
 3/16 ええじゃないか豊橋サイクルフェス
 3/30 COUPE DE AACA 第6戦
 3/30 菰野ヒルクライム
 4/27 ワーサイ&ベックオンカップ
 5/11 グランフォンド東濃 (裏方)
 5/17 スズカ8時間エンデューロ春sp
 5/25 比叡山ヒルクライム
 6/ 1  Mt.富士ヒルクライム
 6/ 8  犬山クリテリウムロードレース大会
 6/15 Panaracer CUP 2014
 6/22 内灘サイクルロードレース
 7/12 AACA 個人タイムトライアル
 8/ 3  グルっとまるごと栄村
 8/16 AACA 個人タイムトライアル
 8/23,24 シマノ鈴鹿ロードレース
 9/ 7 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
 9/28 東近江クリテ
10/ 5  vittoria Criterium
10/26  サイクリングしまなみ
11/ 9  ツール・ド・おきなわ
11/15  スズカ8時間エンデューロ秋sp
11/30  AACA チームタイムトライアル

- 2013 -
 3/31 菰野ヒルクライム
 4/14 伊吹山ドライブウェイヒルクライム
 4/28 ワールドサイクルカップ
 5/12 グランフォンド東濃 (裏方)
 5/19 スズカ8時間エンデューロ春sp
 5/26 比叡山ヒルクライム
 6/ 2  Mt.富士ヒルクライム
 6/ 9  ヒルクライム・イン・おんたけ
 6/16 Panaracer CUP 2013
 6/23 内灘サイクルロードレース
 8/ 4  グルっとまるごと栄村
 8/24,25 シマノ鈴鹿ロードレース
 9/ 1 
全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
10/ 6  CATEYE Criterium 2013
11/ 4  スズカ8時間エンデューロ秋sp
11/30 ツール・ド・富士川
12/ 8  COUPE DE AACA 第4戦


- 2012 -
 4/ 1 モリコロパークサイクルロードレース
 4/15 伊吹山ヒルクライム
 4/29 ワールドサイクルカップクリテリウム
 5/13 グランフォンド東濃 (裏方)
 5/20 スズカ8時間エンデューロ春SP
 5/27 比叡山ヒルクライム
 6/ 3 Mt.富士ヒルクライム
 6/10 PanaracerCUPクレフィール湖東
 7/ 1 ツール・ド・美ヶ原
 8/ 5 グルッとまるごと栄村
 8/25,26 シマノ鈴鹿ロードレース
 8/26 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
 9/ 9 岡崎市サイクリング大会
 9/30 グランフォンド福井
10/ 8 モリコロパークサイクルフェスティバル
10/14 じゃんだら輪
10/21 しまなみ海道サイクリング尾道大会
11/17 スズカ8時間エンデューロ秋SP


- 2011 -
 4/10 リトルワールドサイクルミーティング
 5/ 8 グランフォンド東濃 (裏方)
 5/29 スズカ8時間エンデューロ春SP
 6/12 Mt.富士ヒルクライム
 7/ 3 ツール・ド・新城
 8/ 6 秋山郷サイクリング
 8/ 7 グルッとまるごと栄村 特別編
 8/21 ワールドサイクルクリテリウム2011
 8/27,28 シマノ鈴鹿ロードレース
 9/23 キャットアイクリテリウム2011
10/16 グランフォンド福井
10/23 淡路島サイクリング
11/ 6 スズカ8時間エンデューロ秋SP
11/26 ふじのくに CYCLE FES.2011
12/ 4 明日香ヒルクライム


- 2010 -
 4/11 パナヒルクラ in 伊吹山
 4/29 ガッツリチャレンジ150km
 5/ 2 2010春季Ritsクリテリウム
 5/ 5 スズカ8時間エンデューロ春SP
 5/23 チャリ耐in幸田サーキット 春
 6/13 グランフォンド福井2010
 7/ 4 ツール・ド・新城
 8/ 1 グルッとまるごと栄村
 8/28,29 シマノ鈴鹿ロードレース
 9/12 ツールド三河湖
 9/20 2010秋季Ritsクリテリウム
 9/26 グランフォンド八ヶ岳
10/10 グランフォンド東濃
10/17 チャリ耐in幸田サーキット 秋
10/24 スズカ8時間エンデューロ秋SP
11/20 セントレア8時間サイクルマラソン

log

comment

search